2019/6/13 眠い

恥ずかしいけど我慢

このブログの記事は特にチェックもせずに書いたらすぐに投稿してしまっている。当然誤字脱字などたくさんあるだろうから、あとで読み返すようにはしている。が、読み返していると自分で書いた文章なのに「何でこんなこと書いたんだろう」と恥ずかしくなることがよくある。まだブログを始めたばかりでたった数日前に書いたものなのにも関わらずだ。いっそ消したり書き直したりしようと思うこともあるが、備忘のためのものでもある。その時に感じて書いたことを尊重し、なるべくオリジナルな状態で残しておくべきだろう。よって誤字とか明らかな誤り以外は直さないようにしている。我慢我慢。

 

株とか為替とか

FOMC待ちです

昨日の米株は全般やや下げている印象だが、小型株の指数であるRussel2000は上げている。米金利はおおむね下げている。が、金利は下がっているのにドル指数は上げている。クロス円も円が強い印象。ドル/円は横ばいで、ここしばらく狭いレンジ内でのフラフラとした動きが継続しいている。EIA原油在庫の結果(在庫増)を受けてか、原油は下げている。5月CPIはコアで前年比2%程度など悪くない数字だが、市場予想には届かなかった模様。あまり材料視はされなかったようだ。なんとなく市場全体にうすぼんやりとしたリスクオフムードが漂っている。FOMC前だしSQ週だしというところだろうか。また、月次財政収支も発表され、財政赤字額は市場予想より悪かったようだ。昨日の記事で大統領のFed非難のニュースを紹介したが、大統領がこのタイミングで怒りのツイートをしたのはこれの影響もあるのかもしれない。

 

 

satosatosatoh.hatenablog.com

 


財政赤字はドル安圧力となるはずだるが、収支悪化にもかかわらずドル指数はなかなか下げず高い水準にある。これの原因を高い金利のせいだとしてトランプ氏はFedにいらついているのではないかと想像している。ただ高いといっても金利は2~3%程度にすぎない。米国だけでなく世界的に借金に依存しすぎているのが原因なのでは、となんとなく思っているのだがどうなのだろう。この辺のところはそのうちもう少し詳しくし調べてみたい。

NT倍率と株価 だから何とは言わないで2

昨日の記事で株価とVIXの乖離について書いたが、同様な傾向がNT倍率と株価にも見られるのに気付いたから一応記録しておく。
この2つの乖離が共通の原因によるのかを含め、何を意味するのかはよくわからない。

 

f:id:satosatosatoh:20190617122750p:plain