2019/10/8 雨 台風怖い

息子とテレビゲーム

最近息子と時々テレビゲーム(昔のファミコンとかの単純なやつ)をやるようになったのだが、息子のやっている姿がかわいい。
歩くのもジャンプするのも、全ての操作が全力なのである。
同じところで何回もやられるのを延々繰り返すのでゲームとしては一緒にやっていて面白くはないのだが、息子の姿を見て楽しんでいる。
あまりやらないのでなかなか上達しないのだが、この間は以前はできなかった「歩きながらジャンプする」ができるようになった。
ゲームとはいえ成長していく姿を見れるのは楽しいものだ。

株とか為替とか

昨日の株はアジアはまちまちだったが欧州は堅調、米国はやや下落した。
コモディティでは金(Gold)が売られ、銅と原油は小幅に買われた。
為替ではドル指数先物(DX)が小幅に反発、ドル円でもドルが買われクロス円はやや円が弱い。
米国債は全般売られた(金利が上昇)。

市場はあまり動きがない状態が続いている。今週は貿易問題に関して木曜日から米中の閣僚級の協議が行われる予定で、結果待ちといったところだろうか。何回も日記に書いているがトランプ大統領は貿易問題を金利を下げる(Fedに下げさせる)手段の一つと考えているのではと思っており、もしそれが正しいならまだこの問題を終わらせることはしないだろう。ただでさえ米景気は堅調で利下げの根拠があまりないのに、貿易問題が解決してしまったらもう利下げする理由など何もなくなるだろうし、Fedは元の利上げ路線に戻っていくだろう。だが今の世界経済が金利の上昇に耐えられるとは思えない。トランプ大統領としては景気の後退を招くのがほぼ確実な金利の上昇よりも、貿易戦争の拡大の方がメリットが大きいと考えているのではないだろうか。貿易交渉において十分金利が下がれば適当なところで譲歩することもあり得るだろうが、いまのような金利水準ではまだまだなるべく有利な条件を引き出そうとするだろう。たぶん。