2019/10/17 晴れ

DVDプレーヤー不調

我が家のDVDプレーヤーはもう10年ぐらい使っている。
これまで特に不調もなく使ってこれたのだが、最近DVDが読み込めないことが増えてきた。
ディスクが新品でもそうなるのでどうもそっち側の問題ではないようである。
もう10年も頑張ってくれたので買い替えてもいいのだが、レンズクリーナーで復活することもあるらしい。
Amazonで調べたらそんなに高くなかったので試しにやってみよう。

そういえばPCのdvdドライブも子供に破壊されたんだった。あれも直ったりするのかな。

株とか為替とか

昨日の株はアジア、欧州は堅調だったが米国はやや下落した。
コモディティでは金(GOLD)は反発し銅、原油は続落した。
為替ではドル指数先物(DX)が続落し、ドル円でもややドルが売られ、クロス円はまちまち。ポンドが相変わらず強い。
米国債は全般買われた(金利が低下)。
経済指標等では米小売売上高の発表があったが、前月比でマイナス、市場予想よりも弱かったようだ。
また、韓国銀行(韓国中銀)が利下げを発表した(下記はReutersの記事)。

www.reuters.com

利下げは7月に続いて今年2回目。反対票もあったようだが、総裁はさらに利下げ余地があるとしている。経済の減速が顕著な韓国だが利下げで止めることはできるだろうか。

最近ドル安が続いている。ただ対円ではドル高だし、株も堅調だ。ドル指数先物(DX)とドル円のチャートは下記の通り(自分で集計・加工したデータを使用)。

f:id:satosatosatoh:20191017121643p:plain

米金利(中~長期)は最近上げ傾向だし、金利というよりもリスクオンによるドル売りなのだろう。

気になったニュース

FOMCメンバーの発言を1つ記録しておきたい。
下記はCNBCの記事。

・チャールズ・エバンス(Charles Evans)氏、シカゴ連銀総裁、投票権あり

www.cnbc.com

「現状、政策はおそらくいい位置にある。成長は概して良く、インフレ上昇を支持する緩和策をとっている」
「経済が不確実性に対応するのが困難になったり、予期せぬダウンサイドへのショックが起こるリスクがある」
「私の評価は9月FOMCでのコンセンサスによく一致している」

9月FOMCでの金利見通しのコンセンサスでは、今年及び来年については現状維持となっている。つまり、エバンス氏は今後何もなければだが10月FOMCでは利下げに反対するということである。
 

FedWatchによると、市場は今月のFOMCで約9割の確率で利下げ(25bps)を見込んでいる。現状では投票権を持つメンバーではエバンス氏、ジョージ氏、ローゼングレン氏の3名が利下げに反対するものと思われる。一方ブラード氏は利下げに賛成するだろう。残り6名がどうなるかだが、利下げできるかどうか微妙な情勢である。

FOMCメンバーの発言等に関しては下記の記事にまとめてある。

 

www.satosatosato.com