2019/11/14 雨

java学習記録

趣味と実益を兼ねてアンドロイドのアプリを作ってみたいと思っている。
その目的では言語はjavaで良いらしいが、プログラミング自体ほとんど経験がない。
ということでとりあえずjavaの勉強をしていくことにしたので、備忘として学習内容を記録しておきたい。
挫折するかもしれないのでとりあえずはお金をかけずに下記のサイトに沿って進めていくことにした。

https://nobuo-create.net/

お世話になります。

今回やったこと:java development kit(JDK)のインストールとPathの開通作業
まずは環境構築である。
プログラミングに使うJDKをオラクルのサイトからダウンロードしてインストールした(アドレスは下記)。ダウンロードにはユーザー登録が必要。

https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

我がPC(windows)は32bitなので「Windows x86」を選択。なぜか最新版っぽいやつ(Java SE Development Kit 13)では64bit版しかなかったのでJava SE Development Kit 8を入れることにした。

Pathを通すのは「program files\java\jdk...」フォルダの中の「bin」フォルダを開きアドレスをコピー。コントロールパネルからシステムを開き「詳細設定」タブにある「環境変数」をクリック、「システム環境変数」の中の「Path」を選択して編集をクリック。
既に入力してある部分を絶対に消さないように注意しつつ、文字列の最後尾にセミコロンを入力後コピーしたアドレスを入力しOKをクリック。

今回はここまで。


株とか為替とか

昨日の株はアジア、欧州は軟調だったが米国はまちまち。VIXはやや上昇している。
コモディティでは金(Gold)が小幅に続伸し、銅は続落、原油は反発している。
為替ではドル指数先物(DX)は横ばい、ドル円ではドルがやや売られクロス円はまちまち。ドル元は最近かつての防衛ラインである7付近をうろちょろしていたが昨日はやや大きく上げている。
米国債は短期は横ばいだが中~長期は買われた(金利が低下)。
経済指標等では米CPIの発表があったが前月に比べて大きな変化はなかった。また、ニュージーランド準備銀行が政策金利の現状維持を決定した。

www.reuters.com

市場は25bpsの利下げを予想していたようだ。前回FOMCでFedが利下げを停止することを示唆したが、影響はあるのだろうか。今後の各国の中央銀行の動きにも注意を払いっていきたい。

昨日はパウエル議長の議会証言があった。今後の政策に関しては特に目新しい内容はなかったようだが、ちょっと気になったのは「Fedは政策決定に気候変動を考慮しているか」という質問が出ていることである(下記はCNBCの記事)。

www.cnbc.com

先週にはFed理事のラエル・ブレイナード(Lael Brainard)氏が「Fedが政策決定するのに気候変動の影響を考慮するのは重要なことである」と発言している(下記はCNBCの記事)。

www.cnbc.com

問われたパウエル議長は「それはFedというよりは主に政府当局の仕事」と返答しておりやや困惑気味の印象を受ける。ブレイナード氏や質問した議員はいったい何をしたいんだろう。
また、膨らみ続ける債務の問題については、債務の増加が経済成長の速度を上回っており「持続不可能」であるとしている(下記はReutersの記事)。

www.reuters.com

おっしゃることは非常にごもっともなのだが、ではなぜ米国景気が悪くもないのに利下げなどしたのだろう。そんなことをしたら債務増加の片棒を担ぐようなものである。まあ、Fedはこれ以上は利下げを当面しないといっている。信じてはいないが期待はしたい。