2019/11/28 曇り 今年初の最高気温1桁台

タイヤで失敗

今日はとても寒い。空もどんよりしており雪が降ってもおかしくない感じだ。今年もそろそろ雪の降る季節になってきた。
週末は天気が良いようなのでそろそろスタッドレスタイヤに交換しておこう。

タイヤと言えば昨年買ったノーマルのタイヤは最悪だった(今もはいているのだが・・・)。
物は「ATR RADIAL Economist ATR-K」。先日粗悪なアルミホイールを販売した疑いで逮捕者が出てしまったオートウェイのプライベートブランドが販売しているタイヤである。幸いホイールは買っていないが。

どう最悪かというとまず交換直後から普通に走っているだけで絶え間なく「キュっキュっ」とタイヤ鳴きがする。走行に支障はないのだが歩いている人とかに聞かれるのがなんとなく恥ずかしい。ディーラー等で診てもらったが治らず今もそのままだ。
また、燃費も1割強悪くなった(履き替える前のタイヤはTOYOタイヤの何か。忘れた)。
乾いた路面では普通に走っていて特に問題ないが、濡れていると滑りやすくなり怖い。雨が降ったぐらいで滑りやすさを体感したタイヤはこれが初めてである。
加えて交換してから約1年半で1万キロも走っていないと思うが、もうタイヤが6~7部山ぐらいになっている。私の感覚だと減りが速いと思う。
ただ、価格は非常に安かった。4本で1万円しなかったと思う。ここは素晴らしい。

交換した当時は乗っている車自体買い替えようかどうか迷っていたのでとりあえず2~3年持てばいいと思って買ったのだが、想像以上に悪いところが多すぎた。
同じ目的でももう買うことはないだろう。次に同じ状況があったら主要なメーカーの中古タイヤがいいかな。

株とか為替とか

昨日の株は世界的に堅調だった。米国株は連日で史上最高値を更新している。
コモディティでは金(Gold)が小幅に反落、銅と原油は横ばい。
為替ではドル指数先物(DX)が反発し、ドル円でもドルが買われクロス円でも円が弱い。
米国債は全般売られた(金利が上昇)。

米国株は相変わらず絶好調だが、相変わらず中国株が全くついて行けていない。S&P500と上海総合指数のチャートは下記の通り(自分で集計・加工したデータを使用)。

f:id:satosatosatoh:20191128121001p:plain

現在の米株高は米中貿易問題の進展期待を原因とする報道等が目立つが本当だろうか。中国株の停滞を見ると別な原因によるのではないかと思う。大きな原因として一つ考えられるのはFedが10月から始めた資産購入である(下記記事参照)。

 

www.satosatosato.com

 加えてECBも11月から資産購入を再開している(下記記事参照)。

 

www.satosatosato.com

 そしてドイツやフランスとかの欧州株式市場も中国と異なり好調である(下図)。

f:id:satosatosatoh:20191128121129p:plain

これらのことはQEの時のように中央銀行による資産購入であふれた金で株が買われていることを示しているのではないだろうか。
これが今後も続くかどうかは分からない。前回QEの時より米国の金利は高いし株価は高騰している。資金が債券などに向かう可能性もあるだろう。
あと、注意しないといけないのはこれが正しいとすると今の株高は実体経済とはあまり関係のない話だということである。株価の上昇は経済にプラスではあるだろうが。

java学習記録 8回目

参考にさせていただいているサイト:https://nobuo-create.net/

今回やったこと:オブジェクト、メンバ変数

あるオブジェクトを作る場合、オブジェクトを作るためのクラスを作る必要がある。
オブジェクトを作るためのクラスにはmainメソッドは必要ない。
例えば「Name」と「Birthday」という2つのパラメーターを持つ「Human」というオブジェクトを作る場合、下記のようなクラスを作る。

//Human.java
public class Human{
String name;
int birthday;
}

オブジェクトが持つパラメータのことを、このクラスのメンバ変数と言いい、例のHumanクラスであればnameとbirthdayという2つのメンバ変数をもつ。

このクラスからオブジェクトを作成する場合、別にmainメソッドを持つクラスが必要になる。
例えば上記のHumanクラスからオブジェクトを作る場合、下記のようなクラス(クラス名はHumanTest)を作成する。

public class HumanTest{
public static void main(String args){
Human human = new Human(); //※
}
}

上記※の部分について。「Human human」は「Human型のhumanという名前の変数」を宣言している。このようなクラスで内容を定義した変数を「クラス型変数」という。一方intとか元々用意されている変数型を「基本データ型変数」という。
「new Human()」については、「Humanオブジェクトを作る」ことを意味する。オブジェクトを作成するときはnew演算子を使って「new クラス名()」とする。このようにしてできた個別のオブジェクトを「インスタンス」と呼ぶ。
インスタンスのメンバ変数にアクセスするには「インスタンス名.メンバ変数」とする。例えば下記の通り。

public class HumanTest{
public static void main(String args){
Human human = new Human();
human.name = "sato";
human.birthday = 20191126;
}
}

インスタンスの中身を出力するときは下記のように書く。

public class HumanTest{
public static void main(String args){
Human human = new Human();
human.name = "sato";
human.birthday = 20191126;

System.out.println("名前:" + human.name);
System.out.println("生年月日:" + human.birthday);
}
}

なお、インスタンスは複数作成することもできる(下記)。

//HumanTest.java
public class HumanTest{
public static void main(String args){
Human human = new Human();
human.name = "sato";
human.birthday = 20191126;

System.out.println("名前:" + human.name);
System.out.println("生年月日:" + human.birthday);

Human human2 = new Human();
human2.name = "Kato";
human2.birthday = 20191127;

System.out.println("名前:" + human2.name);
System.out.println("生年月日:" + human2.birthday);

}
}

なお、プログラムを実行するときはHuman.java、HumanTest.javaをコンパイルしたのちHumanTestクラスを実行する。
上記の内容は本来「eclipse」という統合開発環境を使ったら楽ならしいのだが、まだ使っていない。
おいおいやっていこうと思う。そういうものがあるということだけは忘れないようにしておこう。
今回はここまで。