2019/12/4 雨

クリーンインストール失敗

以前日記でも書いたがWindows10のアップデート連続失敗地獄から脱出するためクリーンインストールを行うことにした。
昨日の夜中バックアップ作業をやってからインストール用のメディア(USBメモリ)を作り、Windowsを起動した状態からインストールを実行したのだが、失敗。理由とか何も書いていない「失敗しました」みたいなあっさりコメントが画面に表示された。心が折れ終了。
なんだかよくわからないが今日はUSBからブートしてやってみよう。これでも失敗したらどうしたらいいんだろう。

株とか為替とか

昨日の株はアジアはまちまちだったが欧州、米国株は下落。
コモディティでは金(Gold)は買われ銅は続落、原油は続伸した。
為替ではドル指数先物(DX)が続落し、ドル円でもドルが売られたがクロス円はまちまち。
米国債は全般買われた(金利が低下)。

一昨日は長期だけ売られるなど良くわからないちぐはぐな動きだった米国債だが、昨日は素直に全般買われた。
米中貿易問題絡みでのトランプ大統領の発言に反応したようだ(下記はCNBCの記事)。

www.cnbc.com

いわゆる「phase one deal」の合意がまだ先のことになるかもしれないという感じの内容。いつものことだが、具体的な行動は何も伴っておらず言っているだけである。実際どうなるかは誰にもわからない。上げるにしても下げるにしてもこれで市場をコントロールできるのだから楽なものだろう。

日記で何度も書いているがトランプ大統領は金利操作に貿易問題を利用しているのではないかと思っている。今年Fedは利下げを行い資産購入まではじめたが世界経済の減速は止まっていない(と思う)。大統領は金利を下げさせたいと思うなら引き続きこの問題を利用するだろう。でも選挙も近いし票稼ぎのために大した内容でなくても適当に合意をして問題の「進展」をアピールする可能性もあるだろう。その場合Fedは利下げをする理由を失い、利上げに転じる可能性さえある。世界経済はそれに耐えられるとは思っていないのだが、どうなるだろう。