2019/12/5 雨 

債務について

膨らむ債務。上げられない金利。金利が上がらないからさらに膨らむ債務。
これがいずれ何か問題を起こすだろうと、うすぼんやりと思っている(下記の過去記事とかに書いた)。

 

www.satosatosato.com

  

www.satosatosato.com

 

債権王ことジェフリー・ガンドラック(Jeffrey Gundlach)氏はその何かは社債(corporate bond)だと考えているようだ(下記はYahoo Financeの記事)。
https://finance.yahoo.com/news/doubleline-capital-ceo-jeffrey-gundlach-says-now-time-to-play-defense-223021822.html
https://finance.yahoo.com/news/gundlach-the-us-will-get-crushed-in-the-next-recession-001139205.html

社債は記録的な額まで膨らんでいるが、氏によると現在社債の格付けは高すぎ、次の景気後退が起こった時レバレッジ比率を解決する手段などなくただ悪くなっていくだけで、社債の格下げが次々と行われるだろうということだ。

記事では他にも投資家は米国よりも海外の資産の比率を高めるべきとか、今後投資家が巨大な債務を気にし始めドル安になると考えていることなどが書かれている。
国債とか金利は気にしているが米国の社債市場については全然知らない。勉強しよう。

ようやくwindows10再インストール

ここ数か月悩み続けていたがようやく再インストールできた。
考えたくはないがまたやることになるかもしれないのでつまづいたところを何個か記録しておきたい。

やったこと:USBメモリをインストールメディアとし、USBメモリからインストーラーを起動しインストール

つまづき①:BIOSが起動しない
通常PCの電源を入れるとF2連打でBIOSが立ち上がるはずなのになぜかダメ。ていうかWindows7からWindows10に上げる前は「Press F2」みたいな表示が出ていたと思うのだが、それ自体がいらっしゃらない。Bios使う機会がなかったからいままできづかなかった・・・。
「Windowの設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」>PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動」を選択>再起動すると「Press F2」が無事復活した


つまづき②:BIOSの設定画面でUSBメモリが認識されない
起動順位をいじらないとHDDからブートしてしまうので、BIOSの「起動」タブでUSBメモリの優先順位を上位にする操作をする必要がある。が、画面を確認するとUSBメモリが認識されていない・・・。
BIOSの「詳細」タブでusbレガシー機能を「使用する」に変更することで再起動後無事認識した

これでようやく最新のWindows10(バージョン1909)をインストールできた。めんどくさかったな。

java学習記録 9回目

インスタンスの初期値を指定したい場合は「コンストラクタ」を用いる。例えばHumanクラスのパラメーターにコンストラクタで初期値を与えるには下記のように書く。

//Human.java
public class Human{
String name;
int birthday;
int manpukudo;

Human(){
this.name = "sato";
this.birthday = 20191126;
this.manpukudo = 50;
} //コンストラクタ

void eat(){
this.manpukudo += 60;
}
}

上記のように、コンストラクタは「クラス名(){処理}」と書く。また、コンストラクタに引数を渡すこともできる。例は下記。


//Human.java
public class Human{
String name;
int birthday;
int manpukudo;

Human(String name, int birthday){ //仮引数の定義
this.name = name; //フィールドの変数(左辺)に仮引数(右辺)を渡す
this.birthday = birthday;
this.manpukudo = 50;
} //コンストラクタ

void eat(){
this.manpukudo += 60;
}
}
上記に引数を渡してインスタンス化する場合、下記のように書く。

//HumanTest.java
public class HumanTest{
public static void main(String[] args){
Human human = new Human("sato", 20191203);
Human human2 = new Human("kato", 20191204);

System.out.println("名前:" + human.name);
System.out.println("生年月日:" + human.birthday);
System.out.println("満腹度:" + human.manpukudo);
System.out.println("");

System.out.println("名前:" + human2.name);
System.out.println("生年月日:" + human2.birthday);
System.out.println("満腹度:" + human2.manpukudo);

}
}

また、引数を渡さない場合の条件も加えるときは下記のように書く。

//Human.java
public class Human{
String name;
int birthday;
int manpukudo;

Human(String name, int birthday){ //1つ目のコンストラクタ
this.name = name;
this.birthday = birthday;
this.manpukudo = 50;
}
Human(){ //引数なしの場合
this.name = "不明";
this.birthday = 0;
this.manpukudo = 50;
}

void eat(){
this.manpukudo += 60;
}
}

上記は以下のように書くこともできる。

public class Human{
String name;
int birthday;
int manpukudo;

Human(String name, int birthday){ //1つ目のコンストラクタ
this.name = name;
this.birthday = birthday;
this.manpukudo = 50;
}
Human(){
this("不明", 0); //1つ目のコンストラクタに引数「“不明”, 0」を渡す
}

void eat(){
this.manpukudo += 60;
}
}

今回はここまで。