2019/12/19 くもり

お着替えできた

娘は相変わらず寝起きの機嫌が悪い。
これまで私が着替えを手伝っていた、というか保育園に連れて行く時間になるまで着替えないので強制的に着せ替えていた。
いつも自分でやるように言っていたのだが、今日初めてできた。
とりあえずめちゃくちゃ褒めておいた。いつもこうだと楽なのだが。

でも「できるようになってしまったか・・・」というさみしさもある。
今年の初めにはまだオムツをしており、トイレも自分でできなかったのに。
あっという間に色々なことができるようになってしまった。
早いものだ。

Fedがらみのニュースいくつか

もうFedが金利をリードしていくことも当分ないのだろうが、気にはしておきたい。
下記、関係する記事の記録。12月FOMCからもわかることだが、いずれも様子見姿勢。
FOMC関連の記事等は下記にまとめてある。

FOMCあれこれ

・ジョン・ウィリアムス(John Williams)氏、ニューヨーク連銀総裁、副議長

2019年12月18日(CNBCの記事)
https://www.cnbc.com/2019/12/18/ny-feds-williams-says-it-would-take-a-material-change-in-economy-for-fed-to-adjust-stance.html

「金融政策はいい状態にある」
「過去に証明したように、もし経済状況が変われば、かなりの変化があれば、それに従って政策の調整を行う準備はできている」
「今年行ったような金利の引き下げにより、我々は金融政策が成長を支える状況を作り出した」
「経済の状況から考えて、それ(金融政策)はいい状態にある」


・エリック・ローゼングレン(Eric Rosengren)氏、ボストン連銀総裁、投票権あり

2019年12月18日(Reutersの記事)
https://www.reuters.com/article/us-usa-fed-rosengren/feds-rosengren-unlikely-to-need-more-rate-cuts-near-term-idUSKBN1YL26N

「(さらなる金利の引き下げには経済見通しの)かなりの変化が必要だ」
「(失業率は)現在の数値のあたりを狭い範囲で変動するだろう」
「インフレ率は強い労働市場に支えられおよそ2%に上昇していくだろう」

・チャールズ・エバンス(Charles Evans)氏、シカゴ連銀総裁、投票権あり

2019年12月19日(Reutersの記事)
https://www.reuters.com/article/usa-fed-evans/update-1-feds-evans-says-u-s-economy-doing-well-but-inflation-too-low-idUSL1N28S117

「米経済は非常に良いが、インフレ率の低さがやや心配」
「金融政策はいい状態にある」
「経済は成長を続け、労働市場も強い状態が続くだろう」
「より引き締めるにはインフレ率が2%をある程度超えていく必要があると考えている」