2019/12/23 曇り時々雨

疲れた

先週末は息子のピアノのコンクールがあった。
会場が遠いので電車を乗り継いで数時間かけていったのだが、疲れたな・・・。

まず朝駅に着くと何やら構内がざわついている。
駅員さんに聞いてみると事故があってダイヤが乱れているとのこと。
不安を覚えつつ電車に乗ったが、定刻より10分ほど遅れて出発。次の乗り換えは時間がもともと12分しかなく、10分遅れて着いて乗り換え時間が2分しかなくなったらたぶん無理だ。予定通り乗継ができないとコンクールにはたぶん間に合うが、息子が練習する時間が全くなくなってしまう。
乗継については「現在どうするか確認中で分かり次第アナウンスする」と繰り返し車内放送があるのだが、ずっと確認中のままでやきもきしていた。その間息子はじっとしてくれているわけもなく、適当に本を読んだりゲームしたりして相手をしていたのだが気が気でなかった。祈りが通じたのか結局接続されることにはなったのだが、決まったのは乗継予定の駅に着く10分ほど前。よかったけど、もう少し早く決めてほしいものだ・・・。

会場近くの練習場には予定の時間通りつくことができた。が、練習での演奏はボロボロだった・・・。いつも家でやっている時より全然だめだ。一体なんでだろう???旅の疲れ?良くわからないが練習時間は30分しかなく、もう手の施しようがない。とにかく会場に連れていった。

受付を済まして演奏順を確認すると一番最後だった。どうも受け付け順がそのまま演奏順になるらしい。
演奏順が来るまで舞台袖で待機しているのだが、結構暗い。しばらく座って待っていると息子の靴がピカピカ光っているのに気が付いた。
息子の履いているスニーカーは小さいライトがいくつもついていて、振動を感知して光る仕組みになっている。疲れていたからか「あー、光ってるなー」と思ってぼんやり見ていたのだが、はっと我に返って靴をスニーカーから革靴に履き替えさせるのを忘れていたことに気が付いた。
慌ててカバンから靴を取り出して履き替えさせた。これ、待機場所が暗くなかったら気づかなかったと思う。ヤバかった。ピカピカする靴で登場させてしまうところだった。まあそれで減点されることもないのだろうが・・・。

舞台袖で順番を待っている時間は結構長く、息子は飽きてしまったようであくびをしてズボンに涎を垂らしてしまい隣にいた子に笑われていた。練習もボロボロだわ緊張感もないわで大丈夫かと思ったが、順番が来る直前「いっぱい練習良く頑張ったね。失敗してもいいから元気よく弾いておいで」とだけ言って送り出した。自分で言っててちょっと泣きそうになってしまった。年取って来たら涙腺がなんかもうだめだ。

私が言った言葉に効果があったかどうかは分からないが、息子の演奏はとても元気がよく、楽しそうに弾いていた。細かいミスはいくつもあったがあのボロボロだった練習はなんだったのだろうというような上々の出来だった。終わった時袖で小声で「よーし」と言ってしまった。

結果は入賞することができ、トロフィーと賞状をもらって息子はうれしそうだった。本当によく頑張ったと思う。
何ももらえなかったらかわいそうだと思っていたので安心した。

楽しかったけど疲れたなー。身も心も。もうしばらくコンクールは勘弁してほしい・・・。