2020/1/17 曇り

帰ってこない金さん

年始に中東問題をネタに金(Gold)が大きく買われた。原油も。株は下げ。
が、原油は問題が起きる水準以下に売られ、株に至ってはそんな問題などなかったかのように上がりまくっているにもかかわらず、金価格があまり下げてない(下図、自分で集計・加工したデータを使用)。

f:id:satosatosatoh:20200117121455p:plain
一体これはなんなんだろう。実質金利も期待インフレ率もあまり変わっていない。ドル指数も。安全資産と言われるスイスフランも高いが、円は全然。何だこれ。良くわからない。
ずっと金を買うタイミングを待っているのだがもう来ない気がしてくる・・・。

しかし株はもうバブルの域ではなかろうか。
景気(米国)も悪くないのにFedが金利を下げて資産購入まで再開すればこうなってしまうだろう。
Fedがすぐに利上げに動くとは思えないがどうするんだろう。このままデータを無視して上昇が続くようだとさすがに気にせざるを得ないと思うのだが。
それともデータがついてくるだろうか。まあその場合は堂々と利上げできる。
資産購入については今年の第2四半期までは続けると言っているが、Fed内でも資産価格をゆがませている可能性があるとして懸念が出ている。SRF(standing repo facility)への早めの切り替えはあるのかもしれない。Fedは金利はしばらく動かさないだろうがここは注目したい。