2020/2/6 雪;アイオワ州党員集会 新型肺炎 株式市場 利下げ確率

アイオワ州党員集会が・・・

昨日寝る前はさすがに起きたらもう結果が分かっているだろうと思っていたが、起きたらまだ終わっていなかった。いったいどうしてしまったのだろう。
これを書いている時点でもまだ途中結果しか分からない。

依然としてブティジェッジ氏がトップでサンダースが2位。このままでいきそうな感じ。

でもこれだけ異常な時間がかかると集計結果の信頼性自体が疑われてしまう。
2位で終わったとしたらサンダース氏は素直に結果を受け入れるだろうか。

強気な株式市場

新型肺炎の影響でやや売られていた米国株だが、もう何事もなかったかのように戻している(下図、自分で集計・加工したデータを使用)。

f:id:satosatosatoh:20200206121352p:plain
VIXの上げもしょぼかった。まあまだ肺炎をネタに売られることも可能性としてはあるのだろうが、たぶん低いと思う。
製造業の業況に改善が見られるなど直近のデータは良かったし、なによりまだQE4が続いている。
売りを思いとどまっておいてよかった。

ただ違和感があるのは金利先物市場の動向。FedWatchを見ると3月FOMCでの利下げ確率は10%程度だが、6月だと約37%とかなり高い数字で利下げを見込んでいる(利上げは0%)。年内となると現状維持の確率は23%に過ぎず、残りは1回以上の利下げ(利上げは0%)。

一体Fedが何を根拠にして利下げを行うと考えているのだろう。
IOERを引き上げたりQE4の停止を示唆したりと、最近のFedはややタカ派的に変化しているようにも見える。データが改善し株価が史上最高値の更新を続けているような現状で、利下げを予想するのは行き過ぎだし楽観的すぎると思うのだが。

あまり積もらなかった雪

今日は久しぶりに雪景色が見れた。
子供たちもはしゃいでいた。
大した積雪ではなかったので雪遊びはあまりできないだろうが。

週末もっと積もってくれないかな。