2020/3/23 曇り時々雨;G20財務相電話会議、協調介入はあるのか(ドル売り)

G20財務相が電話会議

グリニッジ標準時(GMT)の11:00(日本時間の今日20:00)にG20の財務相が電話会議を開くらしい(下記、Reutersの記事)。

https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-g20/g20-finance-ministers-to-hold-talks-as-coronavirus-fallout-grows-idUSKBN219121

ここ最近の動きを見ているともはや何をやっても市場が落ち着きを取り戻すことはない気がしてくるが、具体的な策は何か出てくるだろうか。
一番気になっているのは協調介入(ドル売り)が検討されるかどうか。
ドル指数は最近急騰しており、プラザ合意の時ほどではないにしろリーマンショック後の最高値付近まできていて、もうすぐ突破しそうな勢い。
なにか牽制するような動きを出しておかないとこの勢いは止まらないだろう。

もうFed(FRB)も金利を下げきってしまっているし、QEも再開しているのにこの状況である。
どうするのだろう。
トランプ大統領もずっとドルが強すぎると不満を言っているが、もうFedを批判して利下げさせることもできない。協調介入が見送られた場合単独でもやる可能性はあるだろうか。