2020/4/14 晴れ;期待インフレ率と金(ゴールド)価格上昇

また逃げられた

以前の日記で書いたが、金(Gold)を買うかどうか悩んだ末に結局その時は見送った(下記参照)。

 

www.satosatosato.com

 

期待インフレ率(breakeven inflation rate)がもっと下げるまで待とうという結論で。
が、その後結局期待インフレ率は戻し、金の価格も上昇してしまった・・・(下図、自分で集計・加工したデータを使用)。

f:id:satosatosatoh:20200414130814p:plain

その当時(今もだが)長期的には金は買われると思っていたし、買っておいてもよかったのかもしれない。
もう遅いが、もったいないことをした。
当たり前だけど、市場はなかなか分かりやすい買い場は与えてくれないな・・・。
ここ1~2年年ずっと買う機会を窺っているのだがまた逃がしてしまった。
まあ、あるかどうかは分からないが次のチャンスを待とう・・・。

まだ新型コロナウィルスが終息したわけではないが、個人的な予想では期待インフレ率が再度底を試すことはないと思っている。
荒れた相場だったが期待インフレ率の動きをみると意外と冷静だったなという印象。
まあ、ウィルス危機であり金融危機ではない(今のところ)ということだろう。

原油価格の低迷が続きシェール企業が破綻・社債のデフォルトが増加し金融危機を引き起こすストーリーもまだあるのかもしれないが、
そんなことはトランプ大統領も明らかに分かっているし、原油安に対処するために行動も起こしており、今後もするだろう。
Fed(FRB)も会社をつぶさないために山ほど手を打っている。
金融危機に発展する可能性は今のところ低いと思っている。

なので次金を買うチャンスはウィルスやシェール企業とは別の問題で金融危機が起こる時になるだろう。
前回金融危機後膨らみ続けている債務、吊り上った資産価格、進む世界的な低金利、低調なインフレ率、弾切れ状態の各国中央銀行。
この辺が次の金融危機のキーワードになってくる気がしている。


電話でオペレーターさんに笑われた話

家で使っているエコキュートに不具合が発見されたらしく、メーカーから無償点検のお知らせはがきが来た。
この件でカスタマーセンター的なところに電話したところ、名前(漢字)を尋ねられた。
私の名前の漢字は電話で伝えづらい字なので、めんどくさいのだがいつも某芸能人の名前をお借りして「○○×○さんの×という字です」と答えている。
今回もそう言ったところ、「○○×○さんの」と言ったあたりで軽く笑われた。

特に問いたださなかったのでなんで笑われたのかはわからないが、○○×○さんはご年配の方で最近テレビでほとんど見かけない。
たぶん「古っ」という感じの笑いではなかろうか。
自分でも古いと思うが、その漢字を使っている若い有名人がいないから仕方がないのである。
Googleで「× 有名人」で検索しても、○○×○さん以外に知っている人が出てこない。
というか一般にあまり使われない漢字だし。
やや親が恨めしい。

こういう苦労をしているので、自分の子供の名前には分かりやすい漢字を使った。
子供はまだひらがなしか書けないが、大人になったら自分の名前を気に入ってくれるかな。